代理店型自動車保険の選び方

なるべく専業代理店を選ぶ

代理店型の自動車保険は、大きく分けると専業代理店と副業代理店というのがあります。専業代理店はその名の通り専業で代理店営業をおこなっている店舗のことです。一方、副業型代理店は、保険以外の業務も合わせておこなっている、兼業代理店のことを言います。例えば、保険の代理店サービスを自動車ディーラーや自動車整備工場があつかっている場合、副業代理店ということになります。この2つのどちらが良いのかと言うと、答えは専業で保険の代理店営業を行っているお店です。専業代理店はプロ代理店と言われ、知識と経験・実績が豊富な保険のプロが担当します。副業代理店は、専業代理店と比べるとあまり詳しくない人が担当することもあり、場合によっては自分で保険商品を選ぶこともあります。保険に詳しい人が親身になって色々サポートしてくれるのが代理店型自動車保険の利点なため、できるだけ専業代理店を選んだ方が良いです。

わからないことを丁寧に教えてくれる

自動車保険は、加入時には特徴をしっかりと理解しておくことが大切です。「保険に加入しているのに、いざという時どんな補償を受けられるかわからない」、これでは実際に事故を起こしてしまった際大慌てしてしまうでしょう。担当者に言われるがまま加入すると、保険料を無駄に払い続けることにも繋がります。わからないことを丁寧に教えてくれる担当者は、本当にお客さんのことを思ってくれている人です。お客さまの目線で考えてくれている代理店は、担当者の説明が上手でわかりやすい傾向があります。あなたのことを本当に思ってくれる代理店を選ぶことができれば、自分の条件に合った保険を契約しやすくなります。担当者の対応が不親切だったり、説明がわかりづらかったりする場合は、別の代理店の利用も検討してみましょう。