代理店型自動車保険のメリット

対照的な2つのタイプを比較検討して保険商品を選ぶ

車を購入したことで、これから自動車保険への加入を検討している方もいるはずです。しかし一口に自動車保険といっても、補償内容や保険料等あるいは営業サポートの充実度など、保険商品のバリエーションは幅広く多岐にわたります。特に初めての方にとっては、その中から自分のニーズにふさわしい納得できる保険商品を選ぶのは、なかなか難しいかもしれません。

そこで最低でも2社以上から見積もりを取り、それを比較検討することで、理想的な自動車保険を見つけることも可能です。その際のポイントとして忘れてはならないのが、代理店型と通販型という2つのタイプの会社で比較すること。両者は同じ自動車保険の会社とはいえ、対照的な特徴があります。このためメリットやデメリットを含め、比較検討しやすいのです。

やっぱり担当者と対面できる安心感は抜群

通販型の自動車保険がシェアを伸ばしているとはいえ、従来の代理店型のニーズも依然として高く、今も根強い人気を誇ります。その理由は担当者が対面でサービスを提供することで、様々なメリットがあることでしょう。この対面というスタイルは、まさに通販型との決定的な差と言えます。

例えば仮に自動車事故が発生しても、既に顔を知っている担当者に連絡すれば、的確なアドバイスを受けられる上、現場まで迅速に駆けつけてくれるケースもあります。さらに代理店型の場合では、車を購入したディーラーが兼業していることも多く、修理を含めた事故後の対応もスムーズ。これならば自動車免許を取得したばかりで、運転経験が浅い方でも、安心してカーライフを楽しむことができるでしょう。