ダイレクト型自動車保険のデメリット

自分で決めることで起こる補償不足

ダイレクト型自動車保険とは、インターネット上で手続きを行う加入方法のことを言います。ダイレクト型にはメリットが多い反面、気を付けなくてはいけない点も多く、その一つが補償不足です。店舗で行う対人契約では専任のスタッフから説明を受けることができますが、ダイレクト型自動車保険は自分で補償内容を調べなくてはいけません。これにより、うっかり重要な説明を見落としてしまったことで本来加入しなくてはいけない商品を除いてしまうミスをする人もいます。自動車の事故やトラブルは高額な費用が発生しやすく、万が一に備えて加入をするものなので、必要な補償が受けられなければ意味がありません。ダイレクト型は人件費を減らすことで費用が安く抑えられますが、それがデメリットになることもあります。

必要な手続きを自分で行わなければいけない

店舗で行う対人型の自動車保険の場合、加入に必要な手続きの大半を担当したスタッフが代わりに行ってくれます。万が一の事故やトラブルで保険を利用する場合の申請なども同様に、連絡をすることで担当者が手続きを行ってくれるのが特徴です。ダイレクト型自動車保険には担当者などが付かないため、加入や申請の手続きなどは基本的に自らの手で行わなければいけません。加入の手続きはネット上に記載されている手順に従うだけなのでそれほど難しくありませんが、保健の請求は書類の準備や連絡など手間が掛かります。対人の事故を起こした場合には相手方の保険会社とのやり取りもあるので、さらに複雑になるケースも少なくありません。手続きに時間を取られてしまうという点はダイレクトならではのデメリットの一つです。